採用したくなる看護師になるための自己PRのコツ

自己PRとは、その名の通り自分をアピールする事です。
自分ならこれだけは誰にも負けないなどという事を表明するようなものです。

そして、採用担当者が何を知りたいのかを事前に把握しておくと良いでしょう。
加えて、自分のやる気をきちんとアピールするのです。それには、自分から学ぶという積極的な姿勢がポイントにもなります。

そして今までの人生経験で自己PRの書き方が大きく異なります。
大まかな内容としては、どのような看護師になりたいか、またはこれまでの看護経験について書きます。

例えば新卒の場合は、看護師の経験がありません。
ですので、今までどのような勉強をしてきたのか、どのような姿勢で勉強に取り組んできたのか、積極的に頑張り1日でも早く一人前の看護師になりたい、などのアピールを書くと良いでしょう。

簡単な自己PR例1

実際の看護経験は初めてとなりますが、1日でも早く1人前になれるよう積極的に勉強して努力をしていきます。頑張って参りますので宜しくお願いします。

詳細な自己PR例2

私は人のために尽くす事が好きで一度やると決めたら最後までやり通す性格で何事にも努力を惜しんだ事はなく、こういった性格は誰にも負けません。

学生時代は、チアガール部に所属しており、人と協力する事の大切さなど色々な事を学びました。そして貴院の患者様への看護理念にとても魅力を感じ、私もその一員に入りたいです。

今までの経験を活かして貴院に貢献出来るように頑張って参ります。

このように例え実際の看護経験がなくとも、今までの学生時代の経験や看護師として人間性の良さをアピールする事も可能なのです。

次の転職の場合は、何事へもチャレンジする積極的な性格、これまでの職場で養ってきた知識や技術をアピールすると良いでしょう。

  • 何をやってきたか?
  • 何が出来るのか?
  • 今後どのような事をしていきたいか?

をしっかり自己PRに組み込む事が大事です。

また、企業の多くは「採用してもすぐ退職してしまうのではないか」と心配します。

転職理由をポジティブに考え前向きな考えを示しましょう。

看護経験がある場合の自己PR例

今まで様々な病棟に勤務してきましたので多くの看護技術や知識を学びました。

ですので、その経験を活かして1日でも貴院に貢献出来ますように、更に気づいた点は積極的に改善要望をしていけるように、今後は自分の強みである何事へもチャレンジする精神にて貴院ともに患者様に貢献していきます。

いずれにしても看護師の自己PRは過去の経験を振り返り考え直すことが非常に重要になります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ