魅力的な自己PRを簡単に書くたったひとつの方法

自己PRをかいたはいいけど、これでいいのかなと思ったりしませんか?

初めてであったり、過去に不採用になったことがあるなら、その想いは強くなると思います。

それを魅力的にするにはどうしたらいいのか?

それは簡単です。
採用する側の気持ちになって読んでみればいいだけです。

読んでみて「この看護師に会いたい」と思えるならOKです。でも、なかなか採用する側の気持ちにはなれません。

そんなときに役立つのが第三者の目ですね。

自己PRは誰かに見てもらえ!

自己PRは誰かにみてもらうのが一番良いです。

同年代よりも可能なら先輩の看護師、師長や主任クラスが良いです。
採用した経験がある師長や面接に携わったことのある主任なら良いアドバイスをもらえます。

それが難しいなら人材紹介会社のエージェントも役立ちます。
エージェントは経験が豊富であれば何百・何千の履歴書をみていますから添削もしてくれます。

何よりも良いのは病院がどんな看護師が欲しいかを知っていることです。
応募する病院の関係者の次に採用する側の気持ちにたっているので絶対にみてもらいましょう。

それだけで自己PRが良いものになりますよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ