自己PRは具体的に書くと魅力的になる

自己PRは魅力がなければなりません。
病院の採用担当や師長・部長に会ってみたいと思わせる必要があります。

看護師は引く手あまただから書類選考ぐらいは受かるだろうと思っていたら甘い考えです。

言葉は悪いですが”しょぼい”履歴書で受かる病院は、待遇面や環境面が良くないのです。
そして、看護師は需要はありますが、それと同じぐらい転職をする人もいます。

つまりライバルは多いのですね。特に人気の病院であればあるほど倍率は高くなります。

だからこそ書類選考の時点で、この看護師は出来ると思わせる必要があります。
なぜなら、そこで最初の印象が決まってしまうからです。

自己PRを魅力的にする魔法のキーワード

自己PRを魅力的にするには具体的に書くことです。

これだけで説得力が増して魅力的になるにも関わらず多くの人は出来ていません。例えば「第一に患者様のことを考える」と書いてあっても、それを証明するエピソードがなければ誰も信用しません。

では、具体的に書くにはどうすればいいでしょうか?

答えは既に出ていますね。

「エピソードを交えて書く」です。

そのためにも過去を振り返ってみましょう。それも具体的にどんな場所で、誰とという場面まで振り返ってみてください。

そうすることでその場面を思い出せるはずです。

最初はつたない文章で構いませんので文字にします。

そこから他人が読める文章へ加筆・修正をしていければいいのです。

最初から上手くかこうと思わずに、まずは気軽な気持ちで書いてみましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ