転職回数が多い人がやってはいけない自己PRの内容

転職回数が多いと書類選考では、かなり不利になります。
ライバルが多ければ、ほぼ間違いなく書類選考で落とされます。

残念ですが仕方がありません。
かといって経歴を誤魔化すと仮に採用されても経歴詐称で解雇をされる危険性もあります。

そのため転職回数が多い人は自己PRは非常に重要です。
ここでやってはいけないことが”長く働くことをアピール”することです。

いくら自己PRで長く働くことをアピールしても実績の裏付けがありません。
「次は長く働ける」と書いても、転職回数が多い人のことをあなたは信じますか?

普通の感覚なら信じれませんよね。
それよりもあなたの経験を交えて強みを説明する方が良いです。

しかし、転職回数が多い理由を別の方法で伝える必要があります。

転職回数が多い理由を説明する方法

転職回数が多い場合、しっかりとした理由を説明する必要があります。

  • 残業時間が多すぎて体調を崩した
  • 同僚との関係が上手くいかなかった

などマイナスな理由でも伝えて問題ありません。

仮に残業が多くて退職したことを理由に落とされたならあなたにとってもいいはずです。
なぜなら、その病院は残業が多いことになり、結果的にあなたは後悔することになるからです。

さて、どうやって理由を説明するか?

方法は2つあります。

  • 履歴書とは別に経歴書を書いて、そこに理由を記載する
  • 転職エージェント経由で就職活動をする(エージェントが説明してくれる)

この2つの方法です。
より確実なのがエージェント経由です。就職サイトに登録をして、そこ経由で試験を受けるとエージェントがサポートしてくれます。

エージェントは志望する病院と連絡をとり合っていますし、書類はエージェント経由で送ります。そのときに「どんな人で、どんな経験があって、なぜ転職をするのか?」などを説明をしてくれます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ